語末の -e について

語末の -e に ついての ルールは よく 知られて います。

 

【「母音字」+「子音字」】で単語が終わるとき

単語の 末尾に 無音の e が なく、子音字で 終わって いれば、ストレスの ある 母音字は 「短音」 つまり 「おと読み」 です。
cash, fat, gap, tax
deck, next, pet, set
hit, kid, miss, switch ; gym, myth, system
hot, lock, pop, top
cut, dust, hub, rush


【「母音字」+「子音字」+無音のe】で単語が終わるとき

単語の 末尾に 無音の e が あると、すぐ まえの 母音字は (ストレスが あれば) 「長音」 すなわち 「アルファベット読み」に なります。その ような ばあいの e を 「マジックe」と よぶ ことが あります。
ace, face, fake, make, mate, safe
eve, complete, Pete, scene, theme
ice, nice, spice ; hype, rhyme, style
dome, home, joke, role, vote
cute, duke, juke, mute, use


ただし、例外も あります。語末に 無音の e が あっても 直前の 母音字が 「アルファベット読み」に ならない ことが あります。

give, have, live(動詞),
definite, engine, medicine, opposite, etc.

 

この ような ばあいが ある ので、語末の 無音の e の ルールは、とくに、ながい 単語に おいては、信頼性の ひくい ものと なって います。


誤解を あたえる よう ならば、その ような e は 書かずに すませようと いう 「つづり字改革」も あります。

ルールどおり なら そのまま、ルールに 反する ばあいは e を さくじょ すると いう わけ です。

 

では、たとえば twelve の 語末の e は どうするか。とくに なんの やくわりも はたしては いませんが、学習上、誤解を 生じさせる 要素は ありません。無害と かんがえて、そのままと するか、よぶんな 文字と かんがえて さくじょ するか。

 

chance の e は 「マジックe」 では ありませんが、直前の c の 文字の 読みかたに かんけいが ある ので ひつような 文字 です。




英語 では、語末の e は 発音 しない のが ほとんど ですが、なか には 発音 する ものも あります。たとえば、apostrophe, catastrophe, epitome, recipe などに おける 語末の e は 「イー」の 発音 です。

 

この ような ばあいの -e は -y に おきかえて しまった ほうが いいの では ないか。じっさい、apostrophe を apostrophy と 書く ひとは います。