bureaucrat を burocrat に 書きなおせば つづりは カンタンに なる

英語 では、"eau" は 「オウ」の おとで 読む のが 原則で ある。

 

beau, bureau, nouveau, plateau などの ように、で ある。

 

bureaucrat の "eau" は、ストレスが ない ので 「弱母音」と して はつおん される。

 

辞書の はつおん記号 では シュワーと なる。

 

ストレスが ない ところは 表記の しゅるいに かんけい なく 弱母音と なる のが ふつうで ある とは いえ、

 

「弱母音」に 対して わざわざ 三文字も つかう ひつようは ない。

 

bureaucracy を burocracy に 書きなおす ので、これに あわせて、

bureaucrat は burocrat に 書きなおそう。

 

 

bureaucrat === burocrat

 

 

まよわず 読めると いう わけ では ないと しても、すくなくとも つづりは カンタンに なった。