doubtful を doutful と 書けば 発音どおりの つづり字に なる

doubt の b は はつおんと 無関係な 語源的つづり字で ある。

 

そして、doubtful の b も また、はつおん とは いっさい 無関係で ある。

 

この b を とりのぞいても 誤解が 生じる ことは なかろう。

 

doubtful === doutful

 

この "doutful" と いう つづりは、ネット上 でも かなり つかわれて いる。

 


 

That's doutful.

 

I'm getting doutful that there will be a solution to my problem but here goes...