have を hav と 書いてみる

have の e は マジック e では ない。よほど つづりを 意識 した 読みかたを 意図的に するの なら はなし は べつ だが、ふつう は、この 単語 の a を 「エイ」 と 読む こと は ない。

 

behave の e は マジック e と して 機能 する ので a を 「エイ」 と 読む。しかし、have の a は 「エイ」 とは 読まない。

 

英語 では、ふつう は /v/ の おと で おわって いて も v の もじ で おわる こと は なく -ve と 書く の が 原則 なので、have も さいご に e が ついて いる だけ で ある。書く とき には ラク で ある。しかし、これ では 読みかた が わからない。(「超」きほん的 な 単語 なので じっさい には 学習初期 に りくつ ぬき で おぼえる だろう とは おもう が。)

 

変則的 な 例外を 書きなおす。と いって も、さいご の e を 書かない よう に する だけ で ある。

 

have === hav

 

もじ数 の せつやく に なった だけ で、ほか に たいした 意味 は ない かも しれない が。