heaven を heven と書いてみる

heaven の ea は「イー」ではなく「エ」である。字面を見ると、ひょっとして heave との類推で影響を受けたのだろうかとも考えたくなるが、実際のところ語源的関連はなさそうだ。

 

ea で「エ」と読ませるのは変則的である。素直に e だけのほうが読みやすい。

 

heaven === heven

 

a を削除するだけである。

 

"heven" は、eleven, seven, sweven と韻を踏む。ただし、even, Leven, Steven などとは韻を踏まない。 

 

v を二重にすれば直前の e が「短音」であることを明示できるが、v を2つ続けて書くと vv のようになり w に見える。それに英語では vv はきわめてまれである。よって避ける。