Why "live"?  Why not "liv"(v.)?

live は、動詞のときは「リヴ」、形容詞・副詞のときは「ライヴ」と読む。書くときは くべつ せず おなじ だから カンタン だが、読みかた で とまどうことになる。

 

形容詞・副詞の live は、語末の無音の e が マジックeであり 規則的に i を「アイ」と読む。

 

しかし、動詞の live は、語末の e には なんの意味もない。

 

どうやら 英語には、単語が /v/ の音で おわるときには -ve の つづり で おわる と いう 原則が あるらしく、書くときは とにかく -v と -ve の くべつを せずに すむので、そういう意味では ラクだが、つづりをみても 読みかたが わからないのは こまる。

 

動詞の live の 語末の e は 省略したい。

 

live (v.) --- liv

 

lives は e を書かずに livs でいいとしても、lived の e は 書くことになるだろう。そして、living は そのまま 従来どおり。